乳首のかゆみ止めにはドラッグストアでどれを選べば良い?

 

乳首のかゆみを止めるために市販されている薬局やドラッグストアで軟膏を探す人は多いです。

 

かゆみ止めとして有名なのであれば下記の3つです。

  1. オロナイン軟膏
  2. フェミニーナ軟膏
  3. ムヒ

 

虫刺されなどではないので、ムヒではないのは分かるかと思います。

 

主に用いられることが多いのがオロナイン軟膏とフェミニーナ軟膏です。
このどちらを購入すれば良いのかと言うと答えたフェミニーナ軟膏となります。

 

しかし、どの軟膏を利用してもかゆみ止めとしての満足するほどの効果を得ることはできないはずです。

 

何故フェミニーナ軟膏の方が良いのか?
何故満足する効果を得ることができないのか?

 

以上2点について解説していきます。

 

乳首のかゆみ止めでドラッグストアで利用するならフェミニーナ軟膏の理由

 

乳首のかゆみ止めとして薬局やドラッグストアで販売している薬を利用するならフェミニーナ軟膏がおすすめです。
もともと陰部のデリケートゾーンに作られたもので生理などによるかゆみを止める為に作られた薬です。

 

そのため、デリケートゾーンに使えるように低刺激であることを前提に作られています。
乳首は繊細な部分となるので、他のからだの部位に作られたものだと悪化することがあるのですね。

 

オロナイン軟膏は乳首につけるために作られている訳ではないですし、効果効能は火傷やニキビ、水虫です。クリームとなっているので多少の油分を含んでおるので多少の効果はあります。

 

乳首のかゆみの原因は乾燥が原因となっているので油分や液体を付けることで症状を多少は和らげることができるのですね。ただ、保湿をしているのではないのであくまで一時的な効果となってしまいますし、別に軟膏でなくても良い事です。

 

かゆみを止めるのではなく軟膏ではなく保湿ケアをすること

 

薬局やドラッグストアで販売がされている軟膏を付けることによって一時的にかゆみを抑えることはできますが、持続性がある訳ではありません。炎症を鎮めることで多少のかゆみ止めとしての効果を得ることはできます。

 

しかし、原因である乾燥の改善を行うことができている訳ではないので、あくまで一時的となってしまいます。

 

乳首のかゆみを止めるには軟膏ではなく、乾燥対策である保湿ケアを行う必要があるのですね。保湿を行うのであれば基本的には薬ではなく化粧品で行うことができます。

 

他のからだの皮膚と同様に基本的には乳首も同じ皮膚で作られているため、乾燥してしまえばかゆみに悩まされることになります。ただ、他の部位と違って先ほども申したように繊細となっているので刺激を与えてはなりません。

 

乳首用の化粧品が販売されているので、保湿ケアをすることがかゆみの根本的な原因を改善し、有効な方法となるのですね。